バリ島を拠点にインドネシア全般の現地手配を承っております。お問い合わせなどお気軽にどうぞ!!

by genchi_dps
 
<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
 
インドネシア旅行記 ~コモド島編 Vol.5~
ちあん☆

クトゥです。いよいよ最後の回になりました。コモド島探検ツアー!!


最後は世界的にも有名なピンクサンドビーチに上陸です!!


さてさてピンクサンドビーチとは何か。通常海岸の砂は貝や珊瑚の屍骸からできた白い砂浜と、砂鉄などが混じっている黒い砂浜と、これが普通の砂浜ですよね。

ピンクサンドビーチ

実は、あたり一面、見渡す限り砂浜がピンク色なのです!!!

有名なのがバハマ諸島のエルーセラ島にあるピンクサンドビーチ。それにも負けない美し~いPINK SAND BEACH が実はインドネシア島にもあるのです!!


じゃん!!このように本当にピンク色のビーチが存在するのです!!美しすぎる!!
d0160404_12185144.jpg


このピンクビーチはコモド島にあります。島の周りをとてもたくさんの珊瑚が囲んでいます。コモド島周辺は美しい珊瑚で有名、ダイバーにも人気のスポットです。
d0160404_23331477.jpg


グラスボトムボートに乗りながら、日本語ガイドさんの分かりやすい珊瑚講習。「海ってすごいなぁ~」と思いながら聞いていると、ガイドさんが珊瑚のひとつを指しながら、「皆さん、この褐色の珊瑚を覚えておいてくださいね。」とインフォメーション。
d0160404_23481987.jpg



そして砂浜上陸。アップで見ても本当にピンク色。
d0160404_23335350.jpg


実は、このピンク色の正体がコレ。ガイドさんが水中を指し、覚えておいてくださいね。と言った珊瑚です。「パイプコーラル」と言う名前の珊瑚が死んで、沖に上がり、何十年もの間波に削られ小さくなったものがこのピンク色の砂の正体。
d0160404_2334843.jpg


緑色の水の色はプランクトンと深層水がつくりだした色。ピンク色はパイプコーラルの色。太古の昔から変わらずある大自然が成した、人工では作れないとても幻想的で美しい風景です。



ピンクビーチをしっかり満喫した後は、スピードボートに乗ってラブハンバジョーの港まで1時間。飛行機にのって、バリに戻ったのが16:30頃。日帰りで気軽に、こんなに奥の深い旅ができるとは思ってもいませんでした。

コモド島最高!!

きっと何度行っても綺麗すぎて飽きない場所です。

季節によっては行けない季節もあるみたいなので、チャンスがあるうちに絶対1回は行ったほうがいいところです。近々バリへ来る人、行かないともったいないです!!



↓そんなコモド島ツアーへ参加したい人要チェック!!安くて気軽に安心のコモドツアー申し込みできます!
現地INFOへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by genchi_dps | 2010-08-31 23:19 | コモド
 
バリ島お薦めホテル情報!グランドハイアット バリ
まいど029.gif
マデです。

今日のランチは、ちょいと豪華に中華のフルコースをしばきました(食べました)。

バリ島にも中華系の方はたくさん住んでいらっしゃり、
中華レストランはよ~さんあります。

新鮮な魚介類がとれますので、
特に海鮮中華がうまいところが多いです。

今日お邪魔したレストランは、クタ地区にある、BALI NIKMAT (バリニクマット)
詳細は、また今度紹介させてもらいやす035.gif

d0160404_21513581.jpg

「おいおい、昼間っからこんなもん食うんかよ!?」って思った方、
はい、すんません。食いすぎです。。。。008.gif


さて、今日もホテル紹介続けてまいりやす066.gif

ご紹介するホテルは、、

グランドハイアット バリ

ヌサドゥア地区に位置するスーパーデラックスホテル。

星は、072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif

言わずと知れたハイアットグループの中でもレベル高い

ホテルとして日本人のお客様からの絶大の人気を誇ります。

全室約600室もあり、広大な敷地は、まさにテーマパークのようです。

d0160404_2212725.jpg

ロビーの一部。。。
とにかく広いロビーです。開放感たっぷりの
オープンエアーです。

d0160404_22101745.jpg
d0160404_2292055.jpg

d0160404_225229.jpg

グランドルーム
改装されゴージャスな雰囲気が増しました。

d0160404_22242365.jpg

d0160404_22193267.jpg

d0160404_2214596.jpg

グランドスイートルーム
贅沢なひと時を。。。

d0160404_2229890.jpg

ホテル内各所に設置してある案内板。
これがないと迷います。

d0160404_2271796.jpg

もちろん、ビーチあります。
ヌサドゥアビーチの綺麗な砂浜が広がります。

ホテル内レストランは、3件
インターナショナル料理の、『ガーデンカフェ』 (ランチ・ディナー)
イタリアン料理の、『サルサベルデ』 (ランチ・ディナー)
日本料理の、『南風』 (ディナーのみ)

その他、スパ『クリアスパ』や、ショッピングアーケード、キッズクラブ
ジムサウナ施設、等など
施設の充実度はさすがという感じです。

ロビーのフロント横には、日本語対応をしてくれるデスクがあり
日本人のお客様に非常にやさしいサービスです。


GRAND HYATT BALI
P.O. Box 53, Nusa Dua,
Bali, Indonesia
Tel: +62 361 77 1234 Fax: +62 361 77 2038
http://www.bali.grand.hyatt.com/hyatt/hotels/index.jsp



↓グランドハイアットバリ ご予約はこちら
現地INFOへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by genchi_dps | 2010-08-30 22:40 | バリ島 ホテル
 
バリ島お薦めホテル情報! アストン イン トゥバン
まいど029.gif
マデです。

本日ご紹介するホテルは、、、、

アストン イン トゥバン

クタトゥバン地区に位置するスタンダードホテル。
全室74室で、部屋の場所の違いで、スタンダードルームかスーペリアル-ム。

星は、072.gif072.gif072.gif

バリ島内に12あるアストングループホテルの中の1つです。
よって、アストンと名の付いたホテルが他にもよーさんありますので、
タクシーに乗って、『アストンホテル ぷり~ず!!』 とだけ伝えると
全然違う場所にある、アストンに連れて行かれてしまうことがあるので、
ご注意を004.gif


バリではめずらしく、紫色を基調としており明るいイメージ。

空港から非常に近く、車で5分ほどでつきます。

d0160404_11365930.jpg

外観

道沿いから見るとパッとしませんが、

中に入るとびっくり。

d0160404_11362762.jpg

ロビー

天井が高く綺麗です。

d0160404_11355411.jpg

d0160404_11351592.jpg

スーペリアルーム

こじんまりとしてますが、十分でしょう。

d0160404_11334242.jpg

バスタブあります。

d0160404_1133143.jpg

このクラスのホテルとしては広いプールです。


d0160404_11323273.jpg

朝食会場。 ロビーすぐ横です。


d0160404_1131218.jpg

スパもあります。
料金は非常にお手頃。

クタ地区の繁華街からは少し離れており非常に静か。
徒歩圏内には、ローカルフードを中心としてレストランがたくさん軒を連ねており、
ちょっとフラッっと出かけるにも問題なし。


ASTON INN TUBAN
Jl. Kediri No 5, Tuban, Kuta 80361, Bali - Indonesia
Telp (62-361) 762 828, Fax (62-361) 762 829

http://www.astoninntuban.com/


↓アストン イン トゥバン ご予約はこちら。
現地INFOへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by genchi_dps | 2010-08-29 11:06 | バリ島 ホテル
 
バリ島お薦めホテル情報! バリハイアット
まいど029.gif
マデです。

日本の夏休みも終わりに近づき、お子様連れのお客様が減って来ました。

夏休みにバリ島へお越しいただいたファミリーの皆様。

楽しんでいただけましたでしょうか?

良い思い出、並びに夏休みの宿題ネタになっていれば光栄です。


さて、ホテル紹介どんどん続けてまいりやす。066.gif


本日ご紹介するホテルは、、、

バリハイアット ホテル

サヌール地区に位置するデラックスクラスホテル。

星は、072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif

その名の通り、ハイアットブランドを背負ってますので、

そのサービスは安心そのもの。

伝統的なバリ風の造りになっており、歴史ある趣は少し古い印象がありますが、

雰囲気があり非常に落ち着けます。

全室386室の大型ホテルで、基本ガーデンビューとオーシャンビューに分かれます。

海側に向って広がる庭が美しく、動物や虫の鳴き声が

聞こえてきます。部屋のバルコニーにリスが現れることも。



d0160404_23575924.jpg

ロビー

バリ風の屋根が印象的。昨年10年に一度の

屋根の補修作業が終了したので、非常に綺麗です。


d0160404_001238.jpg

ベッドルーム

広さ十分。ゆったりと使えます。



d0160404_013917.jpg

バスルーム

バスタブ兼シャワーとなってます。

クラブルームになると、バスタブとシャーワーブースが

別々になります。

タイルの模様が妙にかわいらしい。

ジェンガラ陶器を使ってたりと細部に演出が。



d0160404_024314.jpg
ガーデン&プール

海側に広がってます。

非常に雰囲気のある庭では森林浴も楽しめます。

その先にはサヌールビーチが広がります。

天気の良い日には、対岸にレンボンガン島、またアグン山も見えます。

ホテルの前の道はサヌールのメインストリート。

お洒落な雑貨屋さんや、カフェなど特にヨーロッパの方々に人気のスポットです。

意外と穴場スポットです。

Bali Hyatt
P.O. Box 392, Sanur,Bali, Indonesia
Tel: +62 361 28 1234 Fax: +62 361 28 7693


http://bali.resort.hyatt.com/hyatt/hotels/index.jsp


↓バリハイアットの予約はこちらから。
現地INFOへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ほな、また029.gif
[PR]
by genchi_dps | 2010-08-28 00:12 | バリ島 ホテル
 
バリ島現地お得情報 ウルワツ・ケチャックダンスの詳細
こんにちは040.gif
プトゥです。

今回はウルワツ・ケチャックのレポートです。
あまりにも有名すぎるウルワツ・ケチャックですが、バリ初心者マークのはずれない私から詳しくレポートします。

まず、ウルワツ寺院に到着。拝観料を払います。もしミニスカートや丈の短いものなど露出の多い服装はNGなので、ここでサロンなどがレンタルできます。拝観料を払うと黄色の鉢巻みたいなのをもらい、腰につけたりします(色違いもあり)。チケットのかわりみたいなものです(後で返しますが)。

このお寺ですが、野生の猿がいっぱいいます。こいつらが本当に乱暴モノで、眼鏡や帽子をとるのはあたりまえ、手に何かもってたりするとエサと勘違いして引ったくりにきます。私もあやうくデジカメをとられそうになりました。
d0160404_1411860.jpg

                               <乱暴モノたち>


拝観料支払い後、ケチャックダンスがはじまるまで、まずお寺に参拝しにいきましょう。
d0160404_14122557.jpg

階段をのぼるとそこには絶景がまっております。
d0160404_14125839.jpg

絶壁沿いに遊歩道がありますので時間のある人は試してみてください。

そのままお寺の敷地に沿って、絶壁沿いにケチャックダンスの会場へ向かいます。
ふと後ろを振り返ると、夕焼けに映えるウルワツ寺院がとても美しい。ため息もんです。
d0160404_14132942.jpg


入り口で再度入場料を払い、説明書をもらいます。
説明書をみると、いろいろなウンチクが。ケチャックダンスってただ単にチャチャ叫んでるだけかと思ったら一応ストーリーがあったんですね。ラーマヤナ物語のようで、ラーマ王子やハヌマーンも登場します。
d0160404_14135947.jpg

                           <ケチャック会場-自由席>
さあいよいよケチャックダンスのはじまりです。夕日をバックに踊りがはじまります。リーダーの掛け声とともに一斉にはじまるチャチャの声、ポリリズムです。かっこい~。
d0160404_1416098.jpg


みとれていたら、なんか異臭が?
これは、そう、シンガポールやバンコクのタクシーで悩まされたワキガ!
どうやらダンサーさんの中に強力なワキガお兄さんがいるようです。皆さん、これから座席は風上をとりましょう。
d0160404_14194342.jpg

ラーマ王子登場。みればみるほどバカ殿です。

そんなこんなで話はすすみ、最後のクライマックスは、
d0160404_14204033.jpg

火に囲まれた中からの脱出、なかなかかっこいー演出です。

このケチャックダンス、毎日18:00から19:00までおこなわれております。
日が沈みのが18:00過ぎということもあり、終わる頃には日も暮れて真っ暗となります。

時間もちょうど手頃です。さあ、なにを食べにいこうかな?
シーフード? インドネシア料理?

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

現地INFOへ
[PR]
by genchi_dps | 2010-08-25 14:27 | バリ島 観光
 
インドネシア旅行記 ~コモド島編 Vol.4~
コモド島第4弾!!

ちあん☆

さてさて先週リンチャン島で初のコモドドラゴンとの対面を果たした後に、向かったのは、でました

コモドアイラーーーンド!!



AM10:20   リンチャン島からコモド島へ1時間移動。観光地化されていない未開発の島、コモド島上陸!

          島内散策をして、ランチ後に離島

          船に揺られ1時間半。フローランス島へ帰島


そうそう、この島でドラゴン探しをした後は、お弁当スタイルのランチが食べれる~なんて思いながらスピードボートに揺られること60分。ついに見えてきましたコモド島。


言葉を失うほどそーーーーーーーーだいな大大自然!!


061.gifリアルジュラシックパーク061.gif


つきました。コモド島の入り口です。
d0160404_2211224.jpg


世界自然遺産なので、入園料がかかります。(このツアーではツアー代金に含まれていました。)
乾燥地帯らしいカラッとした植物で覆われた森の中をドラゴンを見つける為に散策へ行きます。
d0160404_2213663.jpg


現地に住んでいるレンジャーの人。ドラゴンが人間をみて興奮してきたら止めてくれます。
d0160404_2214886.jpg


日本人のエコガイドさん。この人にコモド島の自然形態を色々と教えてもらえます。
インドネシアの島々は野鳥が多く住むことでも有名です。この日は日本では見ることの出来ない"グリーンインペリアルピジョン"というとても珍しい鳩も見ることができました。ついでにミルパイヤーという一生のうちに1度しか実をつけないという珍しいやしの木の珍しい実を見ることができました。
d0160404_2215927.jpg


コモドドラゴンの糞です。1時間散策した結果残念ながらコモド島ではドラゴンを見ることができませんでした。
d0160404_2222237.jpg


それでもとっても素敵なご褒美が!!でました2回目。
リアルジュラシックパーーーク!!
見渡す限り人工的なものの無い大自然。中央に見える桟橋は得意の木製。本当に恐竜が出てきそうな風景です。
d0160404_224385.jpg


さてさてお楽しみのランチタイムはココ!もちろん観光地化されていないため、レストランはありません。近くのお手洗いで手を洗って、このような高床の昼寝場(??)のようなちょっとした屋根のある休憩所にてボックスランチ。
d0160404_2243865.jpg


中身はもちろんインドネシア料理。ラブハンバジョで作ったボックスランチをガイドさんの仲間が運んできてくれます。お米もやはりバリとは多少味が違う。正直。。。味は微妙です。このあたりの島では飲食類は全てジャカルタやバリから船で運ばれてきます。乾燥地帯のため農作物らしい農作物が出来ないのです。魚以外のものは全部外の島から持ってこられるのです。味はいまいちですが、貴重な島の食料。ありがたくいただきます!!
d0160404_2251515.jpg


そして、この旅に来て気に入ってしまった木製の桟橋。もう一度ここを歩いて船へ乗船。コモド島での2時間の滞在を経て、今度は最終立ち寄りスポットのピンクサウンドビーチへGO-です!!
d0160404_2253674.jpg




次回はピンクサウンドビーチへ向かいます!お楽しみに☆

BYクトゥ



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

現地INFOへ
[PR]
by genchi_dps | 2010-08-24 21:38 | コモド
 
バリ島お薦めホテル情報! ハードロックホテル
まいど029.gif

マデです。

バリ島のホテル紹介どんどん続けさせてもらいやす。

本日の紹介ホテルは。。。

ハードロックホテル バリ


世界中にチェーン展開するハードロックグループの中でも、際立ってその存在感が高い
バリ島のハードロックホテル。

全室418室の大型ホテルです。

星は、072.gif072.gif072.gif072.gif

なんせ、バリ島のメインスポット『クタビーチ』の目の前、しかもそのど真ん中に位置してますのん。

ホテル入口。 ドデカイギターがお出迎え061.gif
d0160404_223061.jpg

ホテルロビーど真ん中には、ライブステージが!! 毎晩20:00からのオンステージです。
あ、そうなると客室に音楽が漏れてうるさいのでは。。。とご心配の方。
ご安心を049.gif 客室に続き通路にガッツリと防音設備が施されてますのん。
d0160404_22324761.jpg

客室は広々。特にベッドが大きくて寝返り打ち放題です。
客室内テレビでは、毎晩のロビーでのライブが生放送されてたり、ロックチャンネルが充実してたり。
d0160404_22335984.jpg

バスルーム。非常に清潔でバスタブも完備。使い勝手良しです。
d0160404_22331188.jpg

d0160404_22333187.jpg

また、このホテルの楽しいところは、プ~ル058.gif
子供用のスラーダーがあったり、ジャグジー的になってたり、中央砂地のステージでは
いろんなイベントをやってくれてたり。さすがハードロックって感じのエンターテイメント性抜群!
d0160404_22322319.jpg


他にも、ボリューム満点のハンバーガーが食べられるハードロックカフェが併設されてたり、
ハードロックチャンネルというラジオ局があったり、一般的なホテルとは一味違った
ロックな滞在を楽しめちゃいます。

ROCK YOU 066.gif

HARDROCK HOTEL BALI
Jl Pantai, Br Pande Mas,Kuta
http://www.hardrockhotels.net/bali


↓ハードロックホテルも格安ご提供中!
現地INFOへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by genchi_dps | 2010-08-22 22:55 | バリ島 ホテル
 
バリ島お薦めホテル情報! ブルガリ ホテル&リゾート バリ
まいど029.gif

マデです。

バリ島には、ほんまによ~さんホテルがあります。
しかも、バリ島のホテルっちゅーのは、いわゆる高層ビル的に、ズドーンと上に伸びているわけやなく、
横にビロ~ンと広がっとるわけで、大型ホテルになるとその敷地は甲子園が○○個って感じ
の広大な敷地やったりします。
他にも、とんでもない絶壁に建ってたり、なかなか言葉では表しきれない姿かたちをしとります。

そこで、そのよ~さんあるホテルを少しずつご紹介しようやないかい049.gif
ちゅ~わけで、栄えある第1弾で紹介させてもらうのは。。。


ブルガリ ホテル&リゾート バリ

そう!! あの有名な ブルガリ でやんす。
ブルガリブランドが手掛けるホテルは、世界に2つだけ、イタリアのミラノとここバリ島だけなんです。058.gif

位置する場所は、バリ島の南西、ウルワツの絶壁に静かに佇んでおりやす。
ホテルまでの道中は、「え!?これどこに連れていかれるん??」てな感じの、鬱蒼とした
足場の悪い道。

しか~し、到着するとそこはまさに神秘とロマンの世界。
恍惚となる素晴らしい時間を過ごせます。

d0160404_21353959.jpg

d0160404_2137223.jpg

インド洋の水平線を眺めながら。。。
d0160404_21441885.jpg
d0160404_2145260.jpg

客室は、全てヴィラタイプ。見える景色や立地によって料金が分かれます。
使用されているアメニティー(シャンプー・コンディショナー・ボディークリームなど)
は、もちろん全て”ブルガリ”

レストランは、2箇所
イタリアンの、Il Ristorante (イルリストランテ)
インドネシア・アジア料理の、Sangkar (サンカール)

客室からロビーやスパ、レストランへの移動は全てバギーで送ってくれます。
バトラーさんがついてくれてます。

少々お値段ははるけども、ラグジュアルな時間を過ごすには抜群のホテルです。
お試しあれ
004.gif

BVLGALI HOTELS&RESORTS BALI

Jalan Goa Lempeh Banjar Dinas Kangin Uluwatu Bali 80364
空港からは車で30~40分の距離です。
ホテルの周りには何もありません。ホテルの敷地内でゆったりとお過ごしください。

↓ブルガリも格安料金で提供中!!
現地INFOへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by genchi_dps | 2010-08-20 21:57 | バリ島 ホテル
 
バリ現地お得情報 マジョリレストランのご紹介

こんにちわ、プトゥです。

前回のナシ・ハイナン発見後、クタのほうを散策してみました。
クタというとわいわいガヤガヤ活気のあるビーチリゾートを想像しがちですが、
そんなクタにも大人のためのレストランがあります。

今回ご紹介するのはクプクプバロンというホテルにあるマジョリレストランです。
クプクプバロン、言いにくいですね。つい、ぷくぷくばろんっといってしまいそうです。
余談ですが、このホテル11月から名前がかわるそうです。

さて、マジョリレストランですが、クタにあるとは思えないほど静かで、目の前はもちろんオンザビーチ!
夕日をみながらいい雰囲気でお食事ができます。

d0160404_194276.jpg

こんな雰囲気です。

d0160404_19423721.jpg

ダイニングはこちら

d0160404_19434865.jpg

こんな感じでシャンパンでも飲みながら夕日をみて、おいしいフレンチなんかいかがでしょうか?





現地INFOへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by genchi_dps | 2010-08-18 19:46 | バリ島 グルメ
 
インドネシア旅行記 ~コモド島編 Vol.3~
ちあん☆

ご無沙汰しておりました。 クトゥです。

前回コモド島の話が第2話、フローランス島へ飛行機で移動、そこから港まで車で移動するところまでいっていますので、今日はそこから先、第3話です。

今回はフローランス島から通常の船の2倍のエンジンを付けたスピードボートで海の上を移動すること30分、リンチャン島という島へ上陸します!!

AM09:40   港からジェット船舶で30分移動 リンチャン島へ。初のコモドドラゴンとのご対面!!



これが日帰りで行ける理由。なっなんと、通常利用するボートの2倍の馬力のエンジンを搭載しています!!
だから島から島への移動時間が短縮されて、普通は1泊ツアーになってしまうコモド島ツアーが日帰りでできるんですね☆
d0160404_20312216.jpg



さてさて、スピードボートに乗ってガイドさんからコモド島やドラゴンの説明を聞きつつ、周りを見渡すと、亜熱帯のバリとは違う乾燥地帯の山々がさらにたくさん見えてきました。
d0160404_2033771.jpg



船を飛ばすこと30分。テレビでよく見るマングローブの林が視界に近づいてきました。
d0160404_2035971.jpg



じゃじゃんっ!!ついに上陸!!リンチャン島!!
d0160404_20365159.jpg



木の桟橋から周りの船を見渡すと。。。。おーーーーーーーーーっ!!怖い!木で造られています。
そしてボロボロっ005.gif現地の人たちは主に漁をしながらこの船で島と島を行き来しているそうです。
d0160404_20392277.jpg



木で出来た港から乾燥した大地を歩くこと15分。見渡す限りの土とちょこっとした丘に生える木々です。
d0160404_20403771.jpg



きました!!ワールドヘリテージ 世界遺産012.gif コモドナショナルパーク内!島全体がナショナルパークです。
d0160404_204138100.jpg



地元の人たちはコモドドラゴンから自分や子供の身を守る為に高床式の家に住んでいます。。。とおもいきや!!

ふつーーーにいるっ!!!いるいる!!!

でました   コモドドラゴン

あまりにも自然すぎていることに気づかず!!でもやっぱり地元レンジャーがドラゴンが襲ってこないようにそっと先頭にたってみはっててくれてました。
d0160404_20432368.jpg



こいつはおなかが空いてるドラゴンちゃん。ガイドさんがレクチャーしてくれます。

安全なときとこうなったら逃げてくださいサインのときの違い。

①お腹がポコッと膨らんでいるときは安全。蛇といっしょで動物を丸呑みする為、しばらくは動けません。

②お腹がへこんでる時は要注意。お腹が空いている証拠ですが、寝そべっている場合は大丈夫です。

③お腹が凹んでいて腕立て伏せの時のように前足で上半身を起こしていたら黄色信号。動くものに興味のある証拠です。

④4つんばいになったら赤信号!!そこから40キロのスピードで追いかけてきます!!

「おなかが空いているドラゴンは危険ですから近づかないでくださいね~」

イェスッ!!BOSS049.gif 絶対に言うこと聞きます!!という心境です。
d0160404_20553276.jpg


私たちの気配に気づいてそそくさと静かな森の中へ帰っていくドラゴンちゃん。それも面白そう。。。012.gif
d0160404_212315.jpg




初のドラゴンとのご対面を果たし、若干もっと島の奥まで行ってみたいと後ろ髪ひかれながら興奮冷め遣らぬ気分でリンチャン島を後にします。この島への滞在時間は約30分。ちなみに1DAYツアーであればもっと島の中腹部まで散策へ行けるそうです。西洋の観光客の皆様が、軍パンとゴツイ靴はいて、リュックサック背負ってちらほら上陸していました。こういう人たちは島内にあるコテージ(ボロボロですが。)に何泊も宿泊し、そこを拠点に島内のトレッキングをするそうです。


さてさて、リンチャン島を後にして、今度はメインのかの有名なコモド島へいよいよ上陸です!!!

ではまた次回~☆



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

現地INFOへ
[PR]
by genchi_dps | 2010-08-17 18:33 | コモド


検索
<♪お知らせ♪>
*********************
現地infoブログが
移動しました!


現地infoバリ
最新情報をチェック!
*********************
厳選ホテル予約など↓
現地infoへ
現地infoウェブサイト


フェイスブック


エリプスヘアビタミン

カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
つぶやき
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧